元不登校娘との徒然日記 

不登校を乗り越え、遅れをとった勉強を娘と一緒に頑張るブログです。家族の生活についても綴ります。

ブログを始めようと思ったきっかけ


娘は不登校児でした

 

 

 

現在小学6年生の娘は、1~2年生時は不登校でした。

親子でたくさん泣いて、親子でたくさん苦しみました。

 

 

娘が不登校になった際
周りからバカになされたり、陰口言われたり、理解されなかったり
『普通じゃない』という目で見られてつらかったです。

 

 

普通じゃない子がいたっていいじゃないか!
という気持ちがあり
ブログを書いてみようと思いました。

 

 

今でこそ
嫌なら行かないでいいよ、と思えるようになりましたが
当初、私は学校に行かない娘が理解できずに
泣きじゃくる娘の腕を引っ張り教室まで行っていました。

 

私は無理矢理 学校に行かせて、
娘は無理矢理 学校に行かされて
親子共々精神疲労がひどい状態でした。

 

 

 

 1年生は 泣きながらも登校していましたが

2年生は ほぼ登校できませんでした。

 

 現在は
なんとか学校に行けていますが
娘の根底には『学校は苦手』
というものがあります。

 

 

子どもは学校が大好きと決めつけないでほしい、
学校が苦手だから変な子と思わないでほしい、
という想いがあります。