元不登校娘との徒然日記 

不登校を乗り越え 中学1年生に。再び不登校でも母ちゃんはもう大丈夫!娘の勉強や生活を書きます。

【中1】提出ノートのルール

 

数学のノートがB評価になった娘。

 

 

娘は反抗期中のため
提出ノートについて詳細がなかなか訊けずにいたのですが、

少しだけノート作りについて教えてくれました。

 

数学ノートのルール 

①色は3色まで使用

②教科書と授業での気づきを書くこと

③余白を作ること

④余白には先生の発言をかくこと

 
娘のノートは↑④が足りておらず
B評価となってしまいました( 。-_-。)
 
 
 
事前の説明では
『先生の発言は3つ書きましょう』とありました。
 
なので娘は3つ書きました。
 
 
結果、
返却されたノートには
 
『3つでは足りない。もっと先生の発言を書くように』とコメントが書いてありました。
 

 

 えーっ???

 

先生に言われたとおりに、発言を3つ書いたにも関わらず

『3つでは足りない』と言われ、低い評価≡(▔﹏▔)≡

 

 

こんな理不尽なことがあっていいのでしょうか?

 

 

娘は、B評価が悔しく

”ノート作りもっと頑張らなくちゃ!”と心を入れ替えていますが、

 

母としては納得できません。

こんな先生のためのノート作りに時間をとられ何の意味があるのでしょうか?

 

このルールが先生によって違うのがこれまた難点。

生徒のためにならないと思ってしまう。

 

地元公立中に入れたことを心底後悔しております。

 

私学に楽しそうに通っているお友達をみると

うらやましくて仕方ありません。