元不登校娘との徒然日記 

不登校を乗り越え 中学1年生に。再び不登校でも母ちゃんはもう大丈夫!娘の勉強や生活を書きます。

【不登校】佐藤ママの見解

 

私は佐藤ママが大好きです♪

愛に溢れている方と感じるのは私だけでしょうか?お子さん達を愛して愛して子育てが楽しくて仕方ないんだろうな、と私は感じ取っています。

 

そして、彼女の子育てに対する姿勢(勉強に対する姿勢)がぶれなくて好き♡

真似はできませんけどね。

 

 

もちろん、佐藤ママのYouTubeチャンネルもよく見ています!歯切れの良いトークが見ていて気持ちがいいんですよね☆
(中学受験の内容ですが)

 

 

 

 

このチャンネルで「登校しぶりしているお母様からのご相談」にのっていた佐藤ママ。

 

子どもが学校に行きたくないと言った時どうするか?という質問。

 

 

佐藤ママの見解

(実際にお目にかかっていない状態で詳細は分からないけれど、という前置きをおいて)

 

「学校に行くことは大事。」

 ↓理由としては以下の2点↓ 

✩風を感じ、日の光を浴びること、で学ぶことは多い。

 

✩勉強は家でできるけど、他人とおしゃべりすることができなくなる。しゃべらないで済むのは楽かもしれないけど、そのうちしゃべることが面倒になってしゃべらなくなる。これは良くない。

 

 

佐藤ママの考えは

 

外に出て、人と触れ合え、というものでした。イガイ!!

 

 

佐藤ママのアドバイスは 

★お母さんが学校へ付き添ってあげる。

★(先生の許可をとって)授業中の様子や休み時間の様子を見学させてもらう。

★子どもは遅刻に対して嫌な気分になることが多いけど早退はストレスが小さい。1時間だけ行って早退させる、給食の時間で早退させるなど学校に行く時間を少なくしてあげる。

 

 

おそらく不登校の経験がない佐藤ママ。それでも質問に丁寧に答えており、とても感動しました☄

 

 

このようなアドバイスで
前向きに学校に行けるお子さん達がいることを願います♪

 

 

 

 

 

娘が不登校当時、

佐藤ママのアドバイスを聞いていたら私はどう思ったかな~?と考えていたのですが、

申し訳ないですが、

うちの子には何をしてもダメだっただろうなと思います💧

 

理由が担任の先生が原因だったからです。 

 

私は毎日学校に付き添っていましたが、泣いて泣いて吐いて学校を拒否。

 

1時間だけ学校行ってみようなんて言ったって、まわりが集団登校しているのに自分だけ親と歩いているところを見たれたくないから遅刻しないで学校に行くことは無理。

 

臨時講師が娘の担任で、相談してもこちらの深刻さが伝わらずに終了。

 

 

私の努力が足りなかったのかもしれません。

でも、学校に助けを求めてもアドバイスはありませんでした。

親子二人で暗闇に_| ̄|○

 

 

まあ、人それぞれ事情が違うので一筋縄ではいきませんね😢

 

不登校当時、どうするのが正解だったのか未だにナゾです。