元不登校娘との徒然日記 

不登校を乗り越え 中学1年生に。再び不登校でも母ちゃんはもう大丈夫!娘の勉強や生活を書きます。

【不登校】記憶の欠落(゚▽゚*)

 

今思うと、

不登校って

ネガティブにとらえることはなかったな、と反省しています。

 

学校に行かないと、同年代の子たちとのコミュニケーションがとれないという欠点はありますが、利点もたくさんあるのです。

 

読書の時間。

勉強の時間。

親子で過ごす時間。

家事を覚える時間。

ニュースを読んで考える時間。

 

などなど。

家でできることがたくさんありすぎて、贅沢な時間の使い方ができるともとらえられます!

 

 

不登校当時、私は、

毎日落ち込んで、娘にあたって、イライラした時間を過ごしました。

 

””学校が嫌いなら仕方がない。ママは仕事やめる。ママと一緒に家でいろんな体験をしようね♪””が、なぜ出来なかったのか・・・。反省。後悔。

 

今でも思い出しては苦しくなる。

 

胸が締めつけられるような

苦しい感情が私の中にはあります。

 

 

しかし、

私は苦しさのあまり

多くの記憶が欠落しているのか、

 

娘からは

私の知らない私の醜態のお話をたくさん聞かされます💧

 

 

〈娘に言われたこと〉

「○○の時、怖かった」

「△△の時、ご飯出してくれなかった」

「◇◇の時、ママがお部屋に籠もってしまって困った」

まぁ、娘から出てくる4年前の私の醜い姿💧

 

 

なんてヒドイ母親なんでしょう。

こんなひどいことをしておいて、私の記憶から消し去られているっていう・・・。

 

 

虐待だわ。

 

 

なんで、スパッと仕事を辞められなかったのだろう。

なんで、こどもに八つ当たりしたのだろう。

 

 

小学校に入れば、どんどん自分の力で活動していくもの、という私の考えがいけなかったのだと思います。

 

元気に学校に行って、放課後も暗くなるまで遊んで、

そんな小学校生活になると信じて疑わなかった。

 

 

 

実際は学校に行き渋る。

友達なんてできない。

引きこもる。不登校。

 

そんな小学校生活の始まりに、私は娘のことが見えなくなっていました。

 

 

そしてツラすぎて

記憶がなくなっているっていうひどい状態。

 

 

娘には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

 

だから、今は

「学校には行かなくてもいい」と伝えています。

 

学校に行く利点と欠点を伝えて

親子で理解しあっていればよいと思っています☆